養成学校で身につけるノウハウ

12月 7, 2016 at 2:07 AM • Posted in • No comments yet

介護福祉士になるためには、国家資格の取得が必要である。資格取得の養成施設で指導を受けて卒業したり、あるいは、他の福祉の仕事の経験を活かして資格を取得する方法がある。

その中でも、将来的に介護の仕事に進みたいと思っている人の場合には、福祉の養成施設で勉強する方法を選択する人が多いだろう。介護の仕事を志すならば、仕事をこなすためのノウハウは必ず必要になる。いざという時に備えて、養成施設での勉強には力を入れる必要がある。

介護福祉士の勉強ができる学校では、座学と共に実習による介護の練習もカリキュラムの中では重視される。実際に指導員からの手ほどきを受けて、介護サービスを提供するために必要なノウハウを学ぶ。要介護者の食事や排泄、さらには入浴など、身の回りの世話をするためのテクニックの修得が不可欠である。

また、介護福祉士の仕事は、家事などの生活援助も仕事のうちである。食事や洗濯、あるいは部屋の掃除など、家事に関わる作業をこなさなければならない。これらの作業内容も、仕事として通用するだけのレベルを目指して技術を修得する。

介護の仕事に就くまでの過程において、こういった養成施設での勉強は高いハードルになるだろう。しかし、養成施設で学んだテクニックが、実際に人の役に立つのはやりがいが大きい。苦労して手に入れたノウハウが仕事で通用するのは、働く本人にとってもうれしいことである。それだけに、実際の介護の現場で困らないよう、学校での勉強の段階で十分な訓練を積む心掛けが大切である。