求人先と仕事の特徴

11月 12, 2016 at 8:12 PM • Posted in • No comments yet

介護福祉士の求人先には、高齢者に一般的な介護サービスを提供している施設もあれば、医学的な管理やリハビリなど様々な専門性の高いケアを提供している場所まで幅広い選択肢がある。この施設別に異なる介護は介護福祉士の職務にも大きく反映される要素であるため、予め求人先の特徴と仕事の内容を理解しておく事が重要である。

具体的には、介護福祉士の仕事は求人先の受け入れている高齢者の要介護認定の度合いにより左右される。自宅療養ができるまで施設でケアを提供する為、入居期間にも影響するのだ。要介護認定の高い高齢者のケアでは、日常生活の介助が至る所で必要になるために、介護の必要性の高い勤務先となる。そして、夜間の介護も必要になるケースがある為、介護スタッフとして働く場合には施設の運営形態を詳しく把握しておく事が大切だ。

また、介護施設の中には認知症のケアを扱う場所もあり、この場合は介護スタッフにも専門性の高い知識が要求される。これらの施設の特徴は滞在期間に幅があることで、ショートステイなどの短期的な利用から長期にわたる入居を余儀なくされている高齢者もいるため、介護サービスの一環として行われるアクティビティや行事にも変化が見られるのが特徴である。

また、介護スタッフの勤務時間や休日出勤などにも施設の運営形態が大きな影響を及ぼすことがあるため、予めそれぞれの希望条件に沿った勤務スケジュールを組むことができる施設を選ぶ事も必要だ。